コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下一段活用 シモイチダンカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

しもいちだん‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【下一段活用】

動詞の活用形式の一。語形五十音図の「エ」段の音(または、それに「る」「れ」「よ」「ろ」のついた形)だけで語形変化するもの。「イ」段だけに語形変化する上一段活用に対していう。文語では「蹴(け)る」一語だけで、「け・け・ける・ける・けれ・けよ」と変化する。口語では、文語の下二段活用動詞がすべて下一段となり、例えば、「越える」は、語尾が「え・え・える・える・えれ・えろ」のように変化する。他に「上げる」「受ける」「捨てる」など。
[補説]「蹴る」は口語では五段活用になっている。
五十音図の「ウ」の段を中心とし、「イ」の段を上一段、「イ・ウ」の段を上二段、「エ」の段を下一段、「ウ・エ」の段を下二段という。なお、活用語尾というときは「る」「れ」「よ」「ろ」の上の音についていう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

下一段活用【しもいちだんかつよう】

活用

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しもいちだんかつよう【下一段活用】

動詞の活用形式の一。語尾が五十音図のエ段を不変化部分とし、未然形・連用形以外はそれに「る」「れ」「ろ」(文語では「ろ」の代わりに「よ」)の音が規則的に添加された形に活用するもの。「上げる」「越える」などの類(口語)。文語では「蹴る」の一語のみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の下一段活用の言及

【活用】より


[活用の型]
 現代の口語では,大別して動詞型,形容詞型,ダナ型,特殊型の4種になる。動詞型には,(1)終末の音節の母音が交替することを主とするもの(五段活用),(2)一定の音節連続の後にル・レ・ロなどを交替添加また不添加することによるもの(上・下一段活用),(3)両者の混合によるもの(カ行変格・サ行変格活用)がある。形容詞型は,イ・ク・ケレなどの交替添加による。…

※「下一段活用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下一段活用の関連キーワードら抜き言葉正格活用食べれる詞の緒環一段活用可能動詞呉れるさある寝れる出れる未然形悄気る出づ蹴うべい蹴る

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android