コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可視画像(読み)かしがぞう(英語表記)visible image

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

可視画像
かしがぞう
visible image

気象衛星から地球を撮影したもので,太陽光の可視光線域の反射強度に応じて濃淡を付した画像。反射の大きいところは明るく(白く),小さいところは暗く(黒く)画像化している。一般の黒白写真とほぼ同じ。太陽高度によって見え方が異なるため,観測には注意が必要である。夜間は太陽が地球の裏側にあり,太陽光の反射がないため夜間のは可視画像に写らない。解像度は衛星の直下の赤道付近では約 1km。(→ひまわり

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android