コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可降水量 かこうすいりょう

2件 の用語解説(可降水量の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

可降水量【かこうすいりょう】

単位気柱(底面積1cm2)に含まれる水蒸気が全部凝結したと仮定したときの水の量を深さで表したもの。実際には水蒸気の中の一部(有効可降水量)が雨となって落下する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

可降水量
かこうすいりょう

空気中に含まれている水分が、すべて雨や雪になって降ったと仮定したときの降水量。場所あるいは季節により大気中の水蒸気量はかなり異なるが、地球上の平均でみれば、断面積1平方センチメートルの空気柱は約3グラムの水蒸気を含む。これは30ミリメートルの降水量にあたる。実際の降水量が可降水量よりもずっと多いのは、地球表面から絶えず水分が蒸発し、湿った空気が大規模な流れになって、次々と水蒸気を運んでくるためである。[篠原武次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の可降水量の言及

【気候】より

… 降水量の分布は気温分布よりもさらに複雑である。地球全体の平均年降水量はおよそ1000mmであるが,大気中に含まれる水蒸気の総量を降水量に換算すると(可降水量という),25mmにしかならない。したがって地表面に降った雨や雪が大気中に蒸発して雲をつくり,ふたたび雨や雪となって降るという水の循環が,地球全体で1年に約40回繰り返されていることになる。…

※「可降水量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

可降水量の関連キーワードメッシュ底面積気柱混合比水蒸気脱溶剤法比較湿度比表面積グラスホフの公式(流体力学)ドブソン単位(大気中オゾン濃度)森林計画に含まれていない森林面積

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone