吃吃(読み)きつきつ

精選版 日本国語大辞典「吃吃」の解説

きつ‐きつ【吃吃】

〘形動タリ〙
① 声を出して笑うさま。
金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉続「貫一は吃々として竊笑せり」
② 言葉がなめらかに出ないさま。また、のどの奥の方でくり返し声を発するさま。
※大英游記(1908)〈杉村楚人冠〉本記「吃々(キツキツ)として言句に塞(つか)へることがあったから」
③ 勤めて怠らないさま。矻矻(こつこつ)
※篁園全集(1844)三・歳暮書懐「十八新結社、吃吃耽詩律

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「吃吃」の解説

【吃吃】きつきつ

笑う声。〔飛燕外伝〕、昏夜昭儀を擁して九帳に居り、笑ふこと吃吃としてえず。

字通「吃」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android