吃吃(読み)キツキツ

大辞林 第三版の解説

きつきつ【吃吃】

( トタル ) [文] 形動タリ 
笑い声を表す語。 「聞訖ききおわりたる貫一は-として窃笑せつしようせり/金色夜叉 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きつ‐きつ【吃吃】

〘形動タリ〙
① 声を出して笑うさま。
※金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉続「貫一は吃々として竊笑せり」
② 言葉がなめらかに出ないさま。また、のどの奥の方でくり返し声を発するさま。
※大英游記(1908)〈杉村楚人冠〉本記「吃々(キツキツ)として言句に塞(つか)へることがあったから」
③ 勤めて怠らないさま。矻矻(こつこつ)
※篁園全集(1844)三・歳暮書懐「十八新結社、吃吃耽詩律

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android