コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キツ

デジタル大辞泉の解説

きつ【吃】[漢字項目]

[音]キツ(漢) [訓]どもる
どもる。「吃音吃語
(「」と通用)受け入れる。「吃驚(きっきょう)吃水
[難読]吃逆(しゃっくり)吃驚(びっくり)

チー【吃】

《〈中国語〉》マージャンで、順子(シュンツ)をつくるときに必要な(パイ)を左隣の人が捨てたとき、「チー」と言ってその牌をとること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どもり【吃 stuttering】

吃音(きつおん)ともいう。〈どもる〉という現象は,話しことばの流れのうえにみられる異常な乱れであり,話そうとするときに音やことばを繰り返す(連発),音を引き伸ばす(引伸し),ことばがつまって出てこない(難発)という状態をいう。これらは多かれ少なかれだれでも経験することであるが,それが量的および質的に正常な話し方の範囲をこえた場合〈どもり〉という。どもりは初期には語音の繰返しで始まることが多く,それに引伸しや難発が加わってくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

チー【吃】

〔中国語〕
麻雀で、上家から順子シユンツの完成に必要な牌パイが捨てられた時、その牌をもらうこと。こうしてできた順子は卓上にさらす。

ままなき【吃】

言葉がなめらかに出ないこと。また、その人。 〔名義抄〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

吃の関連キーワード吃・吉・喫・屹・拮・橘・詰豊竹 呂太夫(2代目)豊松 清十郎(4代目)中村 梅玉(3代目)実川 延若(3代目)市川 莚升(3代目)中村梅玉(3代)市川莚升(3代)麻桛・苧桛・纑横隔膜けいれんけいせい反魂香我女郎・和女郎近松門左衛門竹本 扇太夫延髄症候群宇都宮黙霖しゃっくり我女・吾女傾城反魂香おじゃる

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吃の関連情報