(読み)キツ

  • ども
  • どもり
  • ども・る
  • ままなき
  • チー
  • 吃 stuttering
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

[音]キツ(漢) [訓]どもる
どもる。「吃音吃語
(「」と通用)受け入れる。「吃驚(きっきょう)吃水
[難読]吃逆(しゃっくり)吃驚(びっくり)
《〈中国語〉》マージャンで、順子(シュンツ)をつくるときに必要な(パイ)を左隣の人が捨てたとき、「チー」と言ってその牌をとること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

吃音(きつおん)ともいう。〈どもる〉という現象は,話しことばの流れのうえにみられる異常な乱れであり,話そうとするときに音やことばを繰り返す(連発),音を引き伸ばす(引伸し),ことばがつまって出てこない(難発)という状態をいう。これらは多かれ少なかれだれでも経験することであるが,それが量的および質的に正常な話し方の範囲をこえた場合〈どもり〉という。どもりは初期には語音の繰返しで始まることが多く,それに引伸しや難発が加わってくる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

中国語
麻雀で、上家から順子シユンツの完成に必要な牌パイが捨てられた時、その牌をもらうこと。こうしてできた順子は卓上にさらす。
言葉がなめらかに出ないこと。また、その人。 名義抄

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (中国語から) マージャンで、上家(シャンチャ)(左隣りの競技者)から、順子(シュンツ)(三、四、五など数字の連続した三つの牌)の完成に必要な牌が捨てられたとき、自摸(ツーモー)の代わりに、その牌をもらってくること。また、その宣言。→ポン()
※ぽんこつ(1959‐60)〈阿川弘之〉秋深し「家のことほったらかしでメンバーに入って、チイだポンだとやってりゃ」
〘名〙 「どもり(吃)」の。〔享和本新撰字鏡(898‐901頃)〕
[1] 〘名〙 (動詞「どもる(吃)」の連用形の名詞化) 器質的異常がないのに、声帯その他、発音に関係ある諸筋肉の強直性痙攣(けいれん)によって、声が痙攣状態になり、円滑な発音が行なわれないこと。また、その人。ことどもり。どどくり。ままなき。〔文明本節用集(室町中)〕
[2] 狂言。各流。妻に追われた吃りのあん太郎は、どもらないように謡(うたい)節で妻の非を仲裁人に訴える。
〘自ラ五(四)〙 ものを言う時に、なめらかに声が出なくてつかえたり、同じ音を何度も繰り返したりする。
※応永本論語抄(1420)里仁第四「君子は物云時にむぐむぐとどもるやうにして其間に工夫して云也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吃の関連情報