コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合同労組 ゴウドウロウソ

世界大百科事典 第2版の解説

ごうどうろうそ【合同労組】

労働者を企業の区別なしに組織している労働組合のことで,主として中小・零細企業の労働者を対象としている。日本の労働組合は通常企業ごとに従業員組合として組織されているが,小規模企業で独立した組合を運営しえない場合や,使用者が組合結成を妨害する場合などに,個々の労働者が直接加盟の形式で参加している労働組合である。1955年に全国一般合同労組連絡協議会(1960年総評全国一般労働組合,略称全国一般に名称変更)が結成されてから産業別・地域別に組織されるようになり,未組織分野を組織化する有力な方法とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

合同労組の関連キーワード日本楽器争議大沢 久明陀田 勘助渡部 義通渡辺政之輔袴田 里見丹野 セツ渡辺 てう前納善四郎津脇喜代男浅井富次郎田中ウタ合化労連団体交渉寄田春夫村尾重雄袴田里見田辺 潔鈴木 清武内 清

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合同労組の関連情報