コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合弁事業 ごうべんじぎょう

会計用語キーワード辞典の解説

合弁事業

一般的にある特定の目的のためにいくつかの会社が共同で出資して合弁会社を設立して行う事業のことをいいます。その出資比率は合弁会社への経営の関与度合によって決まります。合弁事業は資本提携や業務提携と同様に事業共同化の1つであり、単独事業よりも事業が失敗した際のリスクや会などにかかる資金負担が少なくすむ一方、利益がでた場合はそれを出資者間でシェアします。事業の成否について不確定な要素が多い新規事業や競争の激しい成熟した事業等において行われることが多いようです。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

合弁事業の関連キーワードメルク(Merck & Co. Inc.)オープンスカイ協定と独占禁止法の適用除外ポーランド・ハンガリー支援多国間会議スターバックス コーヒー ジャパン北方領土での共同経済活動ニューヨーク・ヘラルドジョイント・ベンチャーアンジェラ アーレンツコンソーシアムバンクアセアン工業合弁事業アルセロール・ミタルアラブ石油輸出国機構ゼネラル・モーターズ丸紅オートモーティブ上海ディズニーランドトヨタ自動車(株)ケソン(開城)市カール・ツァイスゼネラル・ミルズ東洋情報システム

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合弁事業の関連情報