合成硫安(読み)ごうせいりゅうあん(英語表記)synthetic ammonium sulfate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫安の製造法による分類の一つ。合成アンモニアと硫酸とを直接反応させて製造されるもので,製造法には溶液法と乾式法がある。日本における全生産量に占める割合は 10%程度であったが,環境問題や安全性のから問題となり,1972年以降生産されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の合成硫安の言及

【硫酸アンモニウム】より

…製造のプロセスに種類や変遷が多く,それらを表にまとめて示す。合成硫安はアンモニアと硫酸との中和発熱反応でつくられ,これらが硫安製造の基本である。反応槽中で濃縮,晶析によって,硫安の粗大結晶が得られるので,これを母液から分離する。…

※「合成硫安」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android