合点がいく(読み)ガテンガイク

精選版 日本国語大辞典の解説

がってん【合点】 が=いく[=ゆく]

物事の事情がよく理解できる。納得できる。多く、打消を伴って用いられる。がてんがいく。
※天理本狂言・千鳥(室町末‐近世初)「今日しんじた米とは、がってんがいかぬと云」
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「それにつけても、合点(ガッテン)のゆかないのは」

がてん【合点】 が =いく[=ゆく]

※虎明本狂言・箕被(室町末‐近世初)「是ほどにいふにがてんがゆかぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合点がいくの関連情報