合点尽(読み)がってんずく

精選版 日本国語大辞典の解説

がってん‐ずく ‥づく【合点尽】

〘名〙 (形動) (「ずく」は接尾語) 互いに納得し、了解した上であること。納得ずく。がてんずく。
浮世草子好色一代女(1686)五「買人も其合点(ガッテン)づくなり」
※浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)三「お役に立って死ぬる命、合点づくなら泣きもせまい」

がてん‐ずく ‥づく【合点尽】

〘名〙 (形動) =がってんずく(合点尽)
咄本・八行整版本昨日は今日の物語(1624‐34頃)「がてんづくにて、去(い)んでたもれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android