コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合銭 あいぜに

1件 の用語解説(合銭の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あいぜに【合銭】

室町時代,おもに金融業者である土倉・酒屋などが,諸人から借り集めた銭。業者はその銭をさらに高利で他に貸し付け利ざやを収めるなど,営業回転資金としていたのであろう。初見は1430年(永享2)で《満済准后日記》に〈八幡土蔵合銭〉とみえる。無利子預金である〈預銭〉と異なり,合銭には利子が支払われた。このため徳政令の対象として問題となった。57年(長禄1)11月京都に土一揆が起こり,徳政を要求したのに対し,幕府は12月5日一般に徳政を禁止し,債権を公認する趣旨の法令を発布した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

合銭の関連キーワード有徳銭倉役土一揆土倉町衆有徳人酒屋役納銭方金融界意雲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone