コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土倉 とくら

11件 の用語解説(土倉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土倉
とくら

「土倉 (どそう)」のページをご覧ください。

土倉
どそう

中世の金融業者。「とくら」とも読む。鎌倉時代には一般に借上 (かしあげ) は質物 (しちもつ) を保管するため堅固な土塗りの倉庫をもっていたので,次第に土倉 (土蔵) と呼ばれるようになり (史料的初見は 1234年) ,南北朝時代以降発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つち‐ぐら【土倉/×窖】

穀物などを保存するために地下に穴を掘ってつくった倉。あなぐら。
土で塗った倉。土蔵(どぞう)。

ど‐そう〔‐サウ〕【土倉】

中世の金融業者。現在の質屋にあたるもので、質物保管のための土蔵を建てていたのでこの名がある。鎌倉時代より発生し、室町時代に京都・奈良で発展、幕府は土倉役を課して大きな財源とした。資本のある酒屋などの兼業も多く、たびたび土一揆(つちいっき)の襲撃を受けた。つちくら。とくら。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

土倉【とくら】

土倉(どそう)

土倉【どそう】

〈とくら〉とも。鎌倉・室町時代の質屋業者。中世後期,商品貨幣経済の発展に伴って,京都・奈良・堺・坂本など主要都市に多く現れた。大資本を擁する酒造業者の(酒屋)兼営が多く,彼らが納める巨額の土倉役(倉役)は,室町幕府の重要な財源となり,有力土倉は幕府の納銭方(のうせんかた),禁裏(きんり)の御倉職(みくらしき)を務めた。
→関連項目有徳銭有徳人蒲御厨借上高利貸質屋正長の土一揆土一揆

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

どそう【土倉】

本来は文字通り土壁を持つ倉庫建築のことであったが,室町時代には質物を収める土倉によって象徴される金融業者のこと。質屋。土壁の倉庫は奈良時代の国衙や寺院の倉庫として見られたが,都市の中の建造物となるのは平安時代末期から鎌倉時代のことで,富裕な商人らがこれを作り,商品や財産を保管する場としていた。一方,土倉を持つ商人に縁故のある者も,火災や盗難から財産を守るために土倉に財産を預託することがあり,時としては預託財産を担保とした金融も行われていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つちぐら【土倉】

室町時代、質屋の称。 → 土倉どそう
壁を土で塗った倉。土蔵。

どそう【土倉】

室町時代の高利貸し業者。鎌倉時代には借上かしあげと称したが、質物保管のため土倉を建てたところから、南北朝期からこの称が一般化した。富裕な酒屋の兼業するものが多く、酒屋土倉と併称され、ともに徳政一揆の襲撃の対象となった。どくら。
土蔵どぞう 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土倉
どそう

中世の質屋、金融業者をいい、「どくら」「つちくら」ともよばれる。平安期には単に土壁塗りの倉庫をいったが、担保物件の保管のために金融業者が土倉をもったため、前代の借上(かしあげ)にかわって金融業者をさすようになった。早い例は、1234年(文暦1)の『明月記(めいげつき)』の火事焼失の記事に「土倉員数を知らず」とあるが、1336年(延元1・建武3)に定められた「建武(けんむ)式目」には「無尽銭(むじんせん)土倉を興行せらるべき事」とあり、このころから一般化して使用されている。南北朝期の京都では土倉は335軒を数え、そのうち280軒が「山門気風の土倉」といわれる比叡山(ひえいざん)支配下のものであった。坂本には35軒、奈良には約200軒といわれた。土倉には山門をはじめとする寺院の僧侶(そうりょ)や、日吉(ひえ)社、春日(かすが)社などの神人(じにん)が多かったが、室町期には、禅宗僧侶が祠堂銭(しどうせん)と称して貸付を行うものが増加した。また酒屋、味噌(みそ)屋など醸造業と兼業するものも多かった。室町幕府は、1393年(明徳4)に「洛中辺土散在土倉并洒屋役条々」という法令を出し、土倉役を課したが、大名、寺社も同様に土倉役を課して大きな財源とした。戦国期には自治都市の大山崎(おおやまざき)も倉役を課している。
 土倉の業務はまず、動産・不動産を担保物件として金銭を貸し付けることで、利子は幕府規定で月4分以下とされ、祠堂銭は月2分以下となっているが、もちろんそれ以上の高利もみられた。そのほか、合銭(ごうせん)とよばれる預金業務や、財宝の保護預かりも行った。朝廷も幕府も府庫をもたず、朝廷は禁裏御倉(きんりみくら)、幕府は公方(くぼう)御倉という御用の土倉を任命し、金融、貢納物の出納、財宝の管理、財産管理を行わせた。土倉はつねに徳政一揆(とくせいいっき)の対象となったため、京都では土倉軍が組織されて一揆と戦った。戦国期には御用商人的な土倉は徳政免除権を許されて保護された。[脇田晴子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の土倉の言及

【合銭】より

…室町時代,おもに金融業者である土倉・酒屋などが,諸人から借り集めた銭。業者はその銭をさらに高利で他に貸し付け利ざやを収めるなど,営業回転資金としていたのであろう。…

【京都[市]】より

…市街に釘貫(くぎぬき)といって,町の入口に木戸を構えることが,鎌倉前期には確認されるが,これは都市民の間に共同体的な関係が成長していたことを物語っている。商工業者の成長も著しく,なかでも〈山門気風の土倉(どそう)〉といわれる,比叡山延暦寺の管轄する法体の土倉が高利貸業者として活躍した。土倉は室町時代には幕府の財政を支える重要な存在となる。…

【禁裏御倉】より

…中世,禁裏の金銭・年貢米などの出納,御物保管,必要金の用立て,酒饌の進献などを行った御用の土倉(どそう)のことで,上下二つの土倉が任命された。名義は近世にも残り,明治維新まで及んでいる。…

【倉∥蔵】より

…また,柱に太い溝を彫り,上から厚い板を落とし込み,上部を桁で固める〈落し造り〉の板倉も,関西地方から中部・関東地方の山間部の農家でよく使われていた。
[塗籠]
 室町時代の京都では,質屋や金貸しを業務とした土倉(どそう)が数多くあったことが知られている。しかし,室町時代末期の《洛中洛外図屛風》に描かれた京都の町家を見ると,板葺き屋根の粗末な建物ばかりで倉らしい建物はまったく見当たらない。…

【倉役】より

…〈蔵役〉〈土倉役〉〈土倉懸銭〉などともいう。中世,朝廷,幕府,寺社,大名,自治都市などが,金融業者である土倉(どそう)に課した税。…

【商人】より

…近江の湖東では,応仁・文明時代ごろを境にして,仕入れ,運送と市の小売は分化し,前者に従事する問屋的商人は商品流通路の独占を主張するに至っている。 商人にはそのほか,借上(かしあげ),土倉などの金融業者や酒屋などが力をもっていた。京都には土倉,酒屋それぞれ300~400に及んでおり,室町幕府の財源となった。…

【清酒】より

… 民間での酒造も古くから行われていたようで,《万葉集》巻十六には能登の熊来(くまき)酒屋の名が見え,《続日本紀》には761年当時すでに居酒屋風の店のあったことが記録されている。鎌倉時代,京都には藤原定家が〈員数を知らず〉としたほどの土倉があり,その大半は酒屋であった。鎌倉では1252年(建長4),幕府が酒の販売を禁じて醸造量を調査したさい,民家には3万7274壺の酒が保有されていた。…

【納銭方】より

…室町幕府がその支配下にある酒屋土倉(どそう)より役銭を徴収するために設けた機関。室町幕府が洛中洛外の酒屋・土倉を一元的に支配するようになったのは1393年(明徳4)と考えられている。…

【利子】より

…平安期の終りに出現した専業の高利貸資本は,借上(かしあげ)と称して〈田地をもって質となし,あるいは数倍を限って契を成す〉といわれるように,質物を取り,数倍にもなる利子を徴していた。このような高利貸業者は鎌倉中期ころから土倉(どそう)と呼ばれるようになり,京都の土倉は室町期には大部分が山門の支配下にあった。1526年(大永6)の室町幕府法によれば,利平が加えられる借銭には徳政令が適用され,利平のつかない借銭には徳政令が適用されない。…

※「土倉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土倉の関連キーワード医務側室チェリー典範拒否する教室/当節怪談事情女王の百年密室/GOD SAVE THE QUEEN模倣密室/黒星警部と七つの密室ワッハ上方室原

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土倉の関連情報