土一揆(読み)つちいっき

  • どいっき
  • 土一×揆

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

「どいっき」ともいう。室町時代中期~末期にかけて地侍を指導者とする農民連合の支配者層 (荘園領主守護大名) に対する闘争。鎌倉時代末期以降,畿内およびその周辺に著しく台頭した自立農民が村落自治組織を形成し,支配者に対して年貢,公事の減免などを要求して強訴,逃散を行なった。これが 15世紀に入ると,武力蜂起の形態をとるようになり,庄家 (しょうけ) 一揆徳政一揆国一揆一向一揆が諸国に頻発した。しかし応仁の乱を境に戦国大名の領国形成が進むにつれて,一揆の指導者である地侍層が戦国大名の家臣団に編入され,徳政一揆,一向一揆以外は次第に消滅していった。 (→長島一揆 , 馬借一揆 )  

土一揆」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

〈どいっき〉とも。室町時代,農民が年貢公事(くじ)の減免や徳政を要求して,荘園領主,守護,酒屋・土倉(どそう)といった高利貸資本などの支配者勢力に対して行った武装蜂起(ほうき)。交通労働者である馬借(ばしゃく)が多数参加した馬借一揆,また徳政の要求を掲げた徳政一揆などがしきりにおこった。おもに荘園村落内の地侍(じざむらい)・名主(みょうしゅ)が指導層を形成。名主層の小領主化に伴い,16世紀には戦国大名の領国支配と戦った一向(いっこう)一揆を除いてほぼ終息した。おもなものとして正長(しょうちょう)の土一揆(徳政一揆),播磨(はりま)の土一揆,嘉吉(かきつ)の土一揆(徳政一揆)などが知られる。→一揆
→関連項目大部荘寛正の大飢饉禁制国衆郷村制親長卿記農民一揆

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

中世の民衆の集団的な蜂起。土一揆の語の初見は1354年(正平9∥文和3)だが,本格的な一揆の展開するのは1428年(正長1)の正長の土一揆以後で,15世紀を中心に16世紀にも及んだ。土一揆は土民一揆ので〈どいっき〉と発音したと推定することも可能だが,仮名書きの史料では〈つちいっき〉と記されている。土一揆と呼ばれる以前から,惣村に拠る農民は,領主に対して年貢や公事の減額免除,あるいは代官罷免を要求して集団的な訴訟・強訴(ごうそ)をくりかえした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 室町中期、畿内を中心に、さかんに起こった農民、地侍の武装蜂起。年貢の減免や徳政を要求して、荘園領主・守護大名や酒屋・土倉などの高利貸などと武力で争った。どいっき。
※満済准后日記‐正長二年(1429)二月五日「丹波国土一揆以外蜂起之間、守護明日可人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

室町中期に活発に行われた農民・土豪などの支配層に対する反抗
「土民一揆」の略。南北朝時代以後,荘園制の崩壊と郷村制の成長,貨幣経済の農村への浸透などが背景となって,種々の形態で反抗が行われた。初期は年貢・夫役の減免を要求したが,15世紀に入ると畿内先進地帯とその周辺では,1428(正長元)年の正長の土一揆のように,徳政を要求し酒屋・土倉・寺院などの高利貸を襲う徳政一揆が頻発。さらに守護領国制進展の中で,土豪・地侍を中心に政治的性格をもつ播磨国一揆(1429)・山城国一揆(1485〜93)などの国一揆がおこった。しかし15世紀末,戦国大名領の形成とともにしだいに鎮圧された。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の土一揆の言及

【近江国】より

…半済はのち永続的,全国的となり,荘園の年貢だけでなく,土地そのものを半分に分割するようになって,荘園制を崩壊に導いた。
[土一揆と馬借]
 鎌倉中期以来,農村では農民の自治的結合としての惣(村)が形成された。近江の農村はとくに先進的であり,すでに1262年(弘長2)現存最古の村掟(村法)が蒲生郡奥島荘で制定されている。…

【高利貸】より

…とくに京都は地方荘園経済や日中貿易などの海内財貨の集散地であり座の本拠であったから,貨幣への欲求は大きく,室町幕府財政への浸透を含め,高利貸資本の活躍はめざましかった。農地担保金融への進出は土一揆の原因にもなった。 近世社会では西鶴の作品にみられるように金貸や質屋は,封建制下の貨幣経済の進展とともにまず上方の都市で旺盛となり,しだいに全国の城下町や農村に拡散し,本百姓層,都市職人・小商人・下級武士層などに浸透した。…

【徳政一揆】より

…中世に徳政を要求して起こった土一揆(つちいつき)。荘園単位で領主に年貢の減免などを要求して起こった荘家の一揆と区別される。…

【馬借一揆】より

…中世後期に陸上運輸業者の馬借が集団で蜂起した事件。土一揆(つちいつき)の先頭を切った行動として注目されているが,元来山門の強(嗷)訴(ごうそ)の一環として登場した事件である。1379年(天授5∥康暦1)6月,近江坂本の馬借1000余人が京の祇園社に討ち入ったというのが初見で(八坂神社〈社家記録〉),山徒(山門の下級僧侶)の一員でありながら幕府と結託して権勢を振るった円明坊と,関のことで争ったことが原因であった。…

【土一揆】より

…中世の民衆の集団的な蜂起。土一揆の語の初見は1354年(正平9∥文和3)だが,本格的な一揆の展開するのは1428年(正長1)の正長の土一揆以後で,15世紀を中心に16世紀にも及んだ。土一揆は土民一揆の略で〈どいっき〉と発音したと推定することも可能だが,仮名書きの史料では〈つちいっき〉と記されている。…

※「土一揆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android