コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉備上道大海(読み)きびのかみつみちの おおあま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉備上道大海 きびのかみつみちの-おおあま

日本書紀」にみえる采女(うねめ)。
雄略天皇9年,天皇の命で新羅(しらぎ)征討大将軍に任命された紀小弓(きの-おゆみ)の後妻となり,夫とともに朝鮮に出征した。小弓が戦いの最中に病死したため帰国,田身輪邑(たむわのむら)(大阪府泉南郡(せんなんぐん)岬町淡輪(たんのわ))に埋葬した。名は「おおしあま」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android