吉利支丹/切支丹(読み)キリシタン(英語表記)〈ポルトガル〉cristão

デジタル大辞泉の解説

キリシタン【吉利支丹/切支丹】

天文18年(1549)フランシスコ=ザビエルの布教以来、日本に広がったキリスト教カトリック)、またその信徒江戸幕府邪宗として弾圧した。伝来の当初は南蛮宗伴天連宗(バテレンしゅう)ともよばれ、5代将軍徳川綱吉のときから「」の字を避けて「切支丹」の字が当てられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android