コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉利支丹/切支丹 キリシタン〈ポルトガル〉cristão

デジタル大辞泉の解説

キリシタン【吉利支丹/切支丹】

天文18年(1549)フランシスコ=ザビエルの布教以来、日本に広がったキリスト教カトリック)、またその信徒江戸幕府邪宗として弾圧した。伝来の当初は南蛮宗伴天連宗(バテレンしゅう)ともよばれ、5代将軍徳川綱吉のときから「」の字を避けて「切支丹」の字が当てられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

吉利支丹/切支丹の関連キーワード鈴木正三(すずきしょうぞう)長崎県南島原市西有家町須川熊本県天草郡苓北町富岡熊本県天草郡苓北町ラウレス ヨハネス吉利支丹・切支丹西村九郎右衛門長崎県南島原市富岡(熊本県)フランシスコ吉利支丹物語養方軒パウロキリシタン版橋本 進吉二人比丘尼キリシタン契利斯督記土井 忠生新村 出日葡辞書

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android