コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉富簡一 よしとみ かんいち

2件 の用語解説(吉富簡一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉富簡一 よしとみ-かんいち

1838-1914 幕末-明治時代の豪農,政治家。
天保(てんぽう)9年1月19日生まれ。周防(すおう)(山口県)の大庄屋の家をつぎ,尊攘(そんじょう)派とまじわる。井上馨(かおる)を総督に鴻城軍を組織。維新後,大蔵省につとめたが帰郷。初代山口県会議長となり,防長新聞社を創立。明治23年第1回総選挙で衆議院議員(当選3回)。大正3年1月18日死去。77歳。名は篤敬。通称は藤兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉富簡一

没年:大正3.1.18(1914)
生年:天保9.1.19(1838.2.13)
幕末維新期の豪農,地方政治家。通称藤兵衛。周防国吉敷郡矢原村(山口市)に大庄屋吉富惣右衛門と政の子として生まれる。尊王攘夷運動に加わり,慶応1(1865)年長州(萩)藩内に正義派と保守派の争いが起こると,正義派支援のため鴻城軍を組織し,参謀兼会計となった。維新後は政府に出仕したが,明治4(1871)年帰郷,以後地方にあって政府支援に努めた。同12年県会議員となり,初代議長。同16年鴻城立憲政党を結成し,保守主義の立場から漸進的立憲主義を唱え,翌年,『防長新聞』を創刊して政府擁護の論陣を張った。<参考文献>田村貞雄『山口県自由民権運動史料集』

(三宅紹宣)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉富簡一の関連キーワード蒲生智閑細木藤兵衛津国屋藤兵衛NHK大河ドラマ永田藤兵衛加賀美嘉兵衛(1)木村利右衛門曾我士郎平野藤兵衛宮地正人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone