篤敬(読み)とっけい

精選版 日本国語大辞典「篤敬」の解説

とっ‐けい トク‥【篤敬】

〘名〙 (形動) 篤実で恭敬なこと。人情にあつく慎しみ深いこと。また、そのさま。〔文明本節用集(室町中)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一三「蓋し品行の善なるものは、敬正直にして、事を処する」 〔論語‐衛霊公〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「篤敬」の解説

とっ‐けい〔トク‐〕【篤敬】

[名・形動]人情に厚く、つつしみ深いこと。また、そのさま。
「蓋し品行の善なるものは、―正直にして」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「篤敬」の解説

【篤敬】とくけい

誠実でつつしみ深い。〔論語、衛霊公〕言忠信、行篤ならば、蠻貊(ばんばく)のと雖も行はれん。

字通「篤」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android