コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉川元春妻 きっかわ もとはるの つま

1件 の用語解説(吉川元春妻の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉川元春妻 きっかわ-もとはるの-つま

?-1606 織豊-江戸時代前期の女性。
熊谷信直(くまがい-のぶなお)の娘。婚期を逸するほど容貌がすぐれなかったが,毛利元就(もとなり)の次男で吉川家をついだ元春に妻としてむかえられる。元春は「一国の正室は家臣に気に入られることが肝要」とかたったという。城をまもり,4男2女の賢母として家臣からしたわれた。慶長11年死去。通称はよしの原局(はらのつぼね)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉川元春妻の関連キーワード徳川忠長クックバヌアツ徳川忠長とお昌榊原康政二程全書認証保育所伏見版ミラベル宮殿リア王

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone