コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婚期 コンキ

デジタル大辞泉の解説

こん‐き【婚期】

結婚をするのに適した年ごろ。ふつう、女性について言う。「婚期を逸する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

婚期

1961年公開の日本映画。監督:吉村公三郎、脚本:水木洋子、撮影:宮川一夫、美術:間野重雄。出演:若尾文子、野添ひとみ、京マチ子船越英二、弓恵子、三木裕子、高峰三枝子ほか。第12回ブルーリボン賞主演女優賞(若尾文子)受賞。

婚期

TBS系列放映による日本の昼帯ドラマ。花王愛の劇場。1973年7~8月放映(全40回)。出演:日色ともゑ、山本学ほか。婚期を失いかけた女性と既婚男性とのプラトニックな恋愛を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

こんき【婚期】

結婚するのに適した年頃。 「 -を逸する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

婚期の関連キーワード離婚時の年金分割制度同音語のアクセントold missライフステージできちゃった婚再婚禁止期間オールドミス秋刀魚の味小津安二郎ムフタシブ吉川元春妻水木 洋子いかず後家ハイミスタラーク待婚期間売れ残る年金分割山形 勲再婚期限

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

婚期の関連情報