吉村 万治郎(読み)ヨシムラ マンジロウ

20世紀日本人名事典の解説

吉村 万治郎
ヨシムラ マンジロウ

大正・昭和期の実業家 古河鉱業社長;富士電気製造社長。



生年
明治19(1886)年3月22日

没年
昭和44(1969)年5月23日

出生地
京都府

旧姓(旧名)
木村

学歴〔年〕
慶応義塾大学法律科〔明治41年〕卒

経歴
父は古河市兵衛の甥で足尾銅山所長を務めた木村長兵衛。吉村家の養子となり、慶応義塾大学卒業後、ドイツのハレ大学、ベルリン大学に留学。大正4年帰国して古河合名に入社。社長である古河虎之助の妹と結婚し、6年古河商事創立に伴い専務となり、次いで古河鉱業副社長。昭和3〜6年義兄・虎之助が古河銀行整理の間、古河合名代表社員、古河鉱業社長。のち富士電機製造社長、古河鉱業副社長、古河林業部代表社員、富士通信機役員などを歴任、古河財閥指導者として活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

吉村 万治郎 (よしむら まんじろう)

生年月日:1886年3月22日
大正時代;昭和時代の実業家。古河鉱業社長;富士電機製造社長
1969年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android