古河虎之助(読み)ふるかわ とらのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古河虎之助 ふるかわ-とらのすけ

1887-1940 明治-昭和時代前期の実業家。
明治20年1月1日生まれ。古河市兵衛の長男。義兄の2代古河潤吉の死で,明治38年古河財閥の3代をつぎ,古河鉱業社長となる。東京古河銀行,古河商事などを新設し,昭和14年日本軽金属を創業した。昭和15年3月30日死去。54歳。東京出身。慶応義塾卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android