コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉村彰 よしむら あきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉村彰 よしむら-あきら

1854-1908 明治時代の教育者。
嘉永(かえい)7年2月7日生まれ。吉村秋陽(しゅうよう)の孫。吉村斐山(ひざん)の子。代々儒者として安芸(あき)広島藩家老三原浅野家につかえた。朝陽館,明善堂,藩校修道館でまなぶ。のち師範校にはいり,明治10年浅野学校,16年広島師範の各教師となった。明治41年12月15日死去。55歳。字(あざな)は世美。号は白斎,古処。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉村彰の関連キーワード国木田独歩安政監獄法新聞小説安政地震リーマン本間棗軒三木勘兵衛枕状熔岩安政地震

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉村彰の関連情報