コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉村彰 よしむら あきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉村彰 よしむら-あきら

1854-1908 明治時代の教育者。
嘉永(かえい)7年2月7日生まれ。吉村秋陽(しゅうよう)の孫。吉村斐山(ひざん)の子。代々儒者として安芸(あき)広島藩家老三原浅野家につかえた。朝陽館,明善堂,藩校修道館でまなぶ。のち師範校にはいり,明治10年浅野学校,16年広島師範の各教師となった。明治41年12月15日死去。55歳。字(あざな)は世美。号は白斎,古処。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉村彰の関連キーワード明治時代教育者嘉永

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉村彰の関連情報