コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉村斐山 よしむら ひざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉村斐山 よしむら-ひざん

1822-1882 江戸後期-明治時代の儒者。
文政5年生まれ。山口西園(せいえん),のち吉村秋陽にまなび,秋陽の養子となる。嘉永(かえい)4年江戸で佐藤一斎に入門。安政2年安芸(あき)広島藩家老三原浅野家の学問所朝陽館の教授となり,明治4年広島藩校修道館教授。明治15年9月11日死去。61歳。本姓は中村。名は駿。字(あざな)は景崧。通称は隆蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉村斐山の関連キーワード高浦豊太郎伊藤一郎明治時代吉村彰儒者