コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉村秋陽 よしむら しゅうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉村秋陽 よしむら-しゅうよう

1797-1866 江戸時代後期の儒者。
寛政9年2月4日生まれ。京都で伊藤東里(とうり)に古義学をまなび,郷里安芸(あき)広島藩の家老三原浅野家につかえる。天保(てんぽう)元年江戸の佐藤一斎に入門,朱子学から陽明学に転じた。7年長門(ながと)(山口県)長府藩にまねかれた。慶応2年11月15日死去。70歳。本姓小田。名は晋。字(あざな)は麗明。通称は隆介,重介。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よしむらしゅうよう【吉村秋陽】

1797~1866) 江戸後期の儒学者。安芸の人。名は晋、字あざなは麗明。三原藩儒。佐藤一斎に師事した陽明学者。著「読我書楼遺稿」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

吉村秋陽の関連キーワード吉村斐山早田恒斎池田草庵村井養斎吉村彰林良斎儒者

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android