吉田テフ子(読み)よしだ チョウこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「吉田テフ子」の解説

吉田テフ子 よしだ-チョウこ

1920-1973 昭和時代前期の作詞家。
大正9年11月6日生まれ。昭和14年小学校代用教員となる。19年少国民文化協会募集の「少国民進軍歌」に「お山の杉の子」が一席入選。サトウハチロー補作,佐々木すぐる作曲童謡となる。戦後,福岡県戸畑市議をへて上京,作家をめざすが,病気帰郷。昭和48年8月17日死去。52歳。徳島県出身。徳島女子師範卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android