コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田兼雄 よしだ かねお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田兼雄 よしだ-かねお

1705-1787 江戸時代中期の神道家。
宝永2年1月24日生まれ。神祇管領長上(じんぎかんれいちょうじょう)。京都吉田神社の祠官。正二位,神祇権大副(ごんのたいふ)。吉田兼倶(かねとも)以来の神仏混交吉田神道を改革するため垂加流の松岡仲良(ちゅうりょう)をまねき,学館をひらいた。光格天皇の諱(いみな)(兼仁)をさけ,良延とあらためた。天明7年8月16日死去。83歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田兼雄の関連キーワード寛政の改革公慶公慶前田利右衛門公慶淀屋辰五郎ベルヌーイ寛政改革フェデラリスツ桂川甫粲