吉田千鶴子(読み)よしだ ちずこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田千鶴子 よしだ-ちずこ

1924- 昭和後期-平成時代の版画家。
大正13年3月20日生まれ。北岡文雄,夫の吉田穂高木版画をまなび,のち木版と亜鉛凸版を併用する。昭和29年日本版画協会会員。45年グレンヘン色彩版画トリエンナーレ展で佳作賞。抽象作品や,星,蝶を主題とする連作を制作。神奈川県出身。佐藤高女(現女子美大付属高)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android