コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田千鶴子 よしだ ちずこ

1件 の用語解説(吉田千鶴子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田千鶴子 よしだ-ちずこ

1924- 昭和後期-平成時代の版画家。
大正13年3月20日生まれ。北岡文雄,夫の吉田穂高に木版画をまなび,のち木版と亜鉛凸版を併用する。昭和29年日本版画協会会員。45年グレンヘン色彩版画トリエンナーレ展で佳作賞。抽象作品や,星,蝶を主題とする連作を制作。神奈川県出身。佐藤高女(現女子美大付属高)卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田千鶴子の関連キーワード高校野球父を売る子フランス映画甲子園球場リニューアル阪神甲子園球場リニューアル金大中オリンピックギュムリコフカサンクト・ペテルブルク

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone