コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田穂高 よしだ ほだか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田穂高 よしだ-ほだか

1926-1995 昭和後期-平成時代の版画家。
大正15年9月3日生まれ。吉田博の次男,遠志(とおし)の弟。一高卒業後に木版画をはじめ,昭和28年日本版画協会会員。木版にシルクスクリーン,写真製版などを併用する前衛的な技法を開発。47年ソウル国際版画ビエンナーレ展で東亜大賞を受賞するなど,国際的に活躍した。平成7年11月2日死去。69歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田穂高の関連キーワード吉田千鶴子