吉田徳次郎(読み)よしだ とくじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田徳次郎 よしだ-とくじろう

1888-1960 大正-昭和時代の土木工学者。
明治21年10月15日生まれ。九州帝大教授をへて昭和13年母校東京帝大の教授となる。コンクリートや鉄筋コンクリート工学の研究で知られ,静岡県の佐久間ダムなどの工事を指導した。学士院会員。昭和35年9月1日死去。71歳。兵庫県出身。著作に「土圧および擁壁設計法」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる