コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土圧 ドアツ

3件 の用語解説(土圧の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ど‐あつ【土圧】

土と接する構造物との境界、あるいは土中のある面に及ぼす土の圧力。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どあつ【土圧】

地下の構造物・埋設物が、上下左右の地盤から受ける土の圧力。また、建物や擁壁が土と接する面にはたらく土の圧力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土圧
どあつ
earth pressure

構造物に加わる土の圧力または地盤内のある面に作用する圧力。石垣などの擁壁や土(ど)止め矢板(やいた)のように背面で土を支えている壁体は背面の土により横方向の圧力を受けるので、この圧力に耐えるように設計する。この場合のように土が壁体を押すときの圧力を主働土圧といい、逆に壁体を背面の土のほうに押し付けるとき、その反力として壁体に加わる圧力を受働土圧といい区別する。一般に後者は前者よりはるかに大きい。なお、壁体の移動がないときに土が壁体に及ぼす圧力を静止土圧といい、これは主働・受働両土圧の中間にある。土圧の計算はクーロンまたはランキンの方法で行われるが、土の内部摩擦角と粘着力が大きいほど主働土圧は小さく、逆に受働土圧は大きくなる。地盤掘削時に粘性土が擁壁なしに自立しているのは土の粘着力が大きいためであるが、ある限界深さ以上になると、土止め矢板と切りばりやアンカーなどで支持しなければ崩壊する。土圧は一般に地表面からの深さに比例して増すので、山岳トンネルや海底トンネルなどのように土かぶりの大きい所の土圧は非常に大きくなり、トンネル掘削による応力開放によって山はねなどの崩壊がおこることがある。また降雨や浸透水の作用で土が水で飽和すると、土圧のほかに水圧が作用するので危険となる。このため擁壁に排水孔を設けたり、背面に栗石(くりいし)や砂利を入れたりする。[赤井浩一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土圧の関連キーワードアンダーピニング薄地下盤サイドフレームサーライト構造多形構造境界確定訴訟境界確認書境界杭=境界石土留め

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土圧の関連情報