コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田敏成 よしだ としなり

美術人名辞典の解説

吉田敏成

国学者。通称信之助・慎之助、名は年成、号は千秋楼・月堂・思誠堂。江戸生。加藤千蔭一柳千古中島広足に師事。著書に『思誠堂漫筆』『敏成詠草』等。文久4年(1864)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田敏成 よしだ-としなり

?-1864 江戸時代後期の国学者。
江戸の人。一柳千古(ひとつやなぎ-ちふる)に入門し,加藤千蔭(ちかげ)風の歌をよくした。文久4年1月3日死去。幼名は年成。通称は慎(信)之助。号は月堂,千秋楼,思誠堂。著作に「木綿通考」,歌集に「千秋楼詠草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田敏成の関連キーワード大橋巻子菊池民子国学者

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android