コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田武親 よしだ たけちか

1件 の用語解説(吉田武親の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田武親 よしだ-たけちか

1827-1887 江戸時代後期の装剣金工。
文政10年9月29日生まれ。江戸で6代土屋安親に師事。帰郷後,因幡(いなば)鳥取藩の抱え工となる。銘は「玄一法眼」「司馬山城大掾」「蒼竜子」など。明治20年1月3日死去。61歳。通称は次郎八兵衛,周作。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田武親の関連キーワード東京芸術大学120周年雑誌カニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング児童雑誌女医東京大学

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone