コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田武親 よしだ たけちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田武親 よしだ-たけちか

1827-1887 江戸時代後期の装剣金工。
文政10年9月29日生まれ。江戸で6代土屋安親に師事。帰郷後,因幡(いなば)鳥取藩の抱え工となる。銘は「玄一法眼」「司馬山城大掾」「蒼竜子」など。明治20年1月3日死去。61歳。通称は次郎八兵衛,周作。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

吉田武親 (よしだたけちか)

生年月日:1827年9月29日
江戸時代後期;末期;明治時代の装剣金工
1887年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

吉田武親の関連キーワード生年月日明治時代末期

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android