コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為〔爲〕

デジタル大辞泉の解説

い【為〔爲〕】[漢字項目]

常用漢字] [音](ヰ)(呉)(漢) [訓]なす する なる ため
行う。なす。する。「為政者有為(うい・ゆうい)営為行為作為所為人為天為無為(むい・ぶい)
[名のり]さだ・しげ・す・すけ・た・ち・なり・ゆき・よし・より
[難読]以為(おもえらく)為替(かわせ)所為(せい)為体(ていたらく)何為(なんすれぞ・なにをかなす)為人(ひととなり)

す【為】

[動サ変]す(為)る」の文語形

た【為】

ため。多く格助詞「に」または「の」を伴って用いる。
「竜(たつ)の馬(ま)を我(あれ)は求めむあをによし奈良の都に来む人の―に」〈・八〇八〉

ため【為】

利益があること。役立つこと。「にならない本」「子供のを思う」
原因・理由。わけ。「雨のに延期する」
目的や期待の向かうところ。「健康のに運動をする」
一定の関係のあること。…にとっては。「私のには叔父にあたる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

す【為】

( 動サ変 )
する

た【為】

〔上代語〕
ため。 「竜の馬を我は求めむあをによし奈良の都に来む人の-に/万葉集 808

ため【為】

役に立つこと。利益になること。 「 -になる本」 「君の-を思って言うのだ」 「情けは人の-ならず」
(形式名詞) 助詞「の」「が」を介在させて体言と、あるいは用言の連体形に接続して用いる。助詞「に」を伴うこともある。
その物事が理由・原因であることを表すのに用いる。ゆえ。 「雨の-順延する」 「事故があった-に遅刻する」 「これが-に彼は大いに苦境に立たされた」
その物事を目的とすることを表すのに用いる。 「会議の-上京する」 「合格する-に大いに勉強する」
ある物事に関することを表す。…にとって。…に関して。 「君の-よくない」
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

為〔爲〕の関連キーワードローゼンブラット:ワルツ・エレジー/2 pianos 4 handsランディングアプローチ続後拾遺和歌集ウインドソック和泉式部日記近藤次郎太郎新千載和歌集東坊城盛長ロールイン単為生殖入江相尚己がじし御子左家京極為教藤谷為条冷泉為益二条為道為銀主義冷泉為清処女生殖

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android