コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為〔爲〕 イ

7件 の用語解説(為〔爲〕の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

い【為〔爲〕】[漢字項目]

常用漢字] [音](ヰ)(呉)(漢) [訓]なす する なる ため
行う。なす。する。「為政者有為(うい・ゆうい)営為行為作為所為人為天為無為(むい・ぶい)
[名のり]さだ・しげ・す・すけ・た・ち・なり・ゆき・よし・より
[難読]以為(おもえらく)為替(かわせ)所為(せい)為体(ていたらく)何為(なんすれぞ・なにをかなす)為人(ひととなり)

す【為】

[動サ変]す(為)る」の文語形。

た【為】

ため。多く格助詞「に」または「の」を伴って用いる。
「竜(たつ)の馬(ま)を我(あれ)は求めむあをによし奈良の都に来む人の―に」〈・八〇八〉

ため【為】

利益があること。役立つこと。「にならない本」「子供のを思う」
原因・理由。わけ。「雨のに延期する」
目的や期待の向かうところ。「健康のに運動をする」
一定の関係のあること。…にとっては。「私のには叔父にあたる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

す【為】

( 動サ変 )
する

た【為】

〔上代語〕
ため。 「竜の馬を我は求めむあをによし奈良の都に来む人の-に/万葉集 808

ため【為】

役に立つこと。利益になること。 「 -になる本」 「君の-を思って言うのだ」 「情けは人の-ならず」
(形式名詞) 助詞「の」「が」を介在させて体言と、あるいは用言の連体形に接続して用いる。助詞「に」を伴うこともある。
その物事が理由・原因であることを表すのに用いる。ゆえ。 「雨の-順延する」 「事故があった-に遅刻する」 「これが-に彼は大いに苦境に立たされた」
その物事を目的とすることを表すのに用いる。 「会議の-上京する」 「合格する-に大いに勉強する」
ある物事に関することを表す。…にとって。…に関して。 「君の-よくない」
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

為〔爲〕の関連キーワード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone