コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田良義 よしだ なかよし

1件 の用語解説(吉田良義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田良義 よしだ-なかよし

1837-1890 幕末-明治時代の神職。
天保(てんぽう)8年3月10日生まれ。父は吉田良煕。平田銕胤(かねたね)に師事し,矢野玄道に国学をまなぶ。神祇権大副をへて,明治元年神祇事務局輔となる。12年吉田神社宮司(ぐうじ),のち日枝神社宮司。子爵。明治23年3月4日死去。54歳。京都出身。名は「よしのり」ともよむ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田良義の関連キーワードドイツ映画光の科学史造船業マン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗生田万の乱

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone