コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田良義 よしだ なかよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田良義 よしだ-なかよし

1837-1890 幕末-明治時代の神職。
天保(てんぽう)8年3月10日生まれ。父は吉田良煕。平田銕胤(かねたね)に師事し,矢野玄道に国学をまなぶ。神祇権大副をへて,明治元年神祇事務局輔となる。12年吉田神社宮司(ぐうじ),のち日枝神社宮司。子爵。明治23年3月4日死去。54歳。京都出身。名は「よしのり」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田良義の関連キーワードせっけん電話社会民主党(ドイツ)ドイツ映画光の科学史おもなお雇い外国人日本科学史(年表)ビゴー明治維新改良主義

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android