コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢野玄道 やの はるみち

7件 の用語解説(矢野玄道の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

矢野玄道

国学者・大洲藩士。通称茂太郎・谷九郎、字子清・太清、名は敬逵・真弓、号は谷蟆・谷倶久・天放散人・神臣等。道正の子。伊予喜多郡生。平田篤胤日下伯巌八田知紀山田清安等に師事。玉松操と相知り国事に奔走。大学中博士・吉田家学頭・宮内省御用掛等を務めた。著書に『麻生の下草』『神典翼』等がある。明治20年(1887)歿、65才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢野玄道 やの-はるみち

1823-1887 幕末-明治時代の国学者。
文政6年11月17日生まれ。矢野直道の兄。伊予(いよ)(愛媛県)大洲(おおず)藩士。平田篤胤(あつたね)の没後門人。昌平黌(しょうへいこう)にもまなぶ。王政復古に際して「献芹詹語(けんきんせんご)」をあらわし,新政の方針をのべる。維新後は神祇官判事,修史館御用掛などをつとめた。明治20年5月19日死去。65歳。字(あざな)は太清。通称は茂太郎,谷九郎。号は谷蟆,天放。著作に「神典翼」「皇典翼」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

矢野玄道

没年:明治20.5.19(1887)
生年:文政6.11.17(1823.12.18)
幕末から明治時代の国学者。伊予国大洲藩(愛媛県)藩士。矢野仙左衛門道正の子。名は敬逵,真弓。号倚梅堂,梅廼舎。郷里で橘家神道の秘伝を受け,弘化2(1845)年上京,順正書院で伴信友らと交わり,国学一般を修めた。翌々年,江戸の平田塾に入り,篤胤没後の門人となる。昌平黌で漢学を学ぶ。嘉永4(1851)年,再び上京,幕末期,神道による経世の学を確立しようと多くの著書をものした。王政復古の宣言に盛り込まれた復古の政治思想は,玉松操や玄道の意を岩倉具視が受け入れたものといわれる。維新後は神祇省事務局判事,内国事務権判事を経て,明治10(1877)年文部省修史館御用掛,17年図書寮御用掛など,明治初期の文教行政に深くかかわった。<参考文献>矢野太郎『矢野玄道翁略伝』

(ロバート・キャンベル)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やのはるみち【矢野玄道】

1823‐87(文政6‐明治20)
幕末・維新期の国学者。通称茂太郎,号は谷蟆,天放山人,梅屋など。伊予喜多郡の人で,旧大洲藩士。平田篤胤門の高弟。上京して玉松操らと相謀り,国事に奔走。維新後は神祇官判事,大学中博士などに任じ,国学界の指導者として活躍した。のち嫌疑を受けて幽閉,復帰後は宮内省御用掛を経て退隠し,学事に専念した。著述は《神典翼》《皇典翼》をはじめ,《国史私記》《神功皇后御伝記》《献芹詹語(けんきんせんご)》《正保遺事》《玉鉾物語》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やのはるみち【矢野玄道】

1823~1887) 幕末・明治の国学者。伊予の人。通称、茂太郎・谷九郎、字あざなは子清、号は谷蟆・梅廼舎など。平田篤胤没後の門人。「献芹詹語けんきんせんご」を書き、王政復古の直後に政権構想を提示した。著「皇典翼」「神典翼」など多数。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢野玄道
やのはるみち

[生]文政6(1823)
[没]1887
江戸時代末期~明治の国学者。平田篤胤の門人。師の説を受継ぎ,記紀の神代巻にみられる精神が,以後の各時代の文献に共通して存することを説き,それが日本人の根本精神であると唱えた。主著『懲狂人』 (1875) ,『神典翼』『皇典翼』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢野玄道
やのはるみち
(1823―1887)

幕末から明治初期に活躍した国学者。伊予(いよ)国喜多郡久米(くめ)村(現、愛媛県大洲(おおず)市)阿蔵に文政(ぶんせい)6年11月17日生まれる。24歳のとき江戸に出て、平田篤胤(ひらたあつたね)没後の門人となり、また昌平黌(しょうへいこう)に入って多くの学者・文人と交流。1863年(文久3)白川家の学師、1867年(慶応3)吉田家の学頭となる。王政復古では岩倉具視(いわくらともみ)の幕賓として玉松操(たままつみさお)らと参画し、多くの建議・建白をなすが、新政の方針を述べた「献芹(けんきんせんご)」(1867)は有名である。明治に入り神祇(じんぎ)官出仕、御系図取調御用掛(とりしらべごようがかり)、修史館御用掛、皇典講究所文学部長などを歴任。博覧強記で考証的学風を特色とする。[小笠原春夫]
『矢野太郎編『矢野玄道』(1933・愛媛県教育会) ▽越智通敏著『矢野玄道の本教学』(1971・錦正社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の矢野玄道の言及

【国津神】より

…《令義解(りようのぎげ)》では,大神(おおみわ),大倭(おおやまと),葛城鴨(かつらぎかも),出雲大汝(いずもおおなむじ)神を国津神として挙げている。国津神の観念は,天津神と同様に複雑で,一概には断定しがたく,幕末維新期の国学者の矢野玄道(やのはるみち)は,(1)天神に対するもの,(2)天神に先立って国土のある地方をつかさどるもの,(3)産土(うぶすな)神を指すもの,(4)海中の神を指すもの,の4種に分けている。天津神【大井 鋼悦】。…

※「矢野玄道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

矢野玄道の関連キーワード可部赤迩間宮八十子宝田通文五港赤井水雄高畑挺三服部正樹村田良穂矢野直道山本尚徳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone