吉良義昭(読み)きら よしあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉良義昭 きら-よしあきら

?-? 戦国時代の武将。
吉良義尭(よしたか)の3男。三河(愛知県)西条吉良氏をつぐ。今川氏真(うじざね)により次兄吉良義安にかわって東条城にうつされる。永禄(えいろく)4年(1561)松平元康(徳川家康)とたたかい降伏。6年三河一向一揆の主将に推されふたたび家康とたたかい,近江(おうみ)(滋賀県)にのがれるが,摂津芥川(大阪府)で戦死し,西条吉良氏はたえた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の吉良義昭の言及

【吉良氏】より

…戦国末期西条吉良義郷の弟義安が東条吉良持広の養子となり,争いが止む。西条吉良義昭の出奔後,家康は義安に東条・西条を併有させた。その子孫は高家(こうけ)に列し吉良荘内3000石を知行。…

※「吉良義昭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android