コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉良義昭 きら よしあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉良義昭 きら-よしあきら

?-? 戦国時代の武将。
吉良義尭(よしたか)の3男。三河(愛知県)西条吉良氏をつぐ。今川氏真(うじざね)により次兄吉良義安にかわって東条城にうつされる。永禄(えいろく)4年(1561)松平元康(徳川家康)とたたかい降伏。6年三河一向一揆の主将に推されふたたび家康とたたかい,近江(おうみ)(滋賀県)にのがれるが,摂津芥川(大阪府)で戦死し,西条吉良氏はたえた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の吉良義昭の言及

【吉良氏】より

…戦国末期西条吉良義郷の弟義安が東条吉良持広の養子となり,争いが止む。西条吉良義昭の出奔後,家康は義安に東条・西条を併有させた。その子孫は高家(こうけ)に列し吉良荘内3000石を知行。…

※「吉良義昭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉良義昭の関連キーワード大河内基高大河内秀綱大河内政綱松平好景酒井正親

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android