コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉見円忠 よしみ えんちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉見円忠 よしみ-えんちゅう

?-? 鎌倉-南北朝時代の武士。
系図によると,能登(のと)(石川県)吉見の祖とされる吉見頼宗の弟頼源の子。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)足利尊氏(たかうじ)の命で伊勢(いせ)(三重県)の地頭,御家人に挙兵をうながした。通称は二位律師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

吉見円忠

生年:生没年不詳
鎌倉末・南北朝初めの武士。系図によると,源範頼の曾孫二位律師頼源の子。円忠も二位律師を称す。同族の頼隆,頼顕らは南北朝時代に能登国守護となるが,円忠も同国所領を有しており,元徳1(1329)年には志々見保内1町5段の田畠を妻に譲渡している。足利尊氏が鎌倉幕府に離反した元弘3(1333)年5月には,円忠は尊氏の命を受け,伊勢国三重郡で地頭御家人を統率している。円忠の子の範景ものちに伊勢国で軍事活動を行っているので,円忠の本拠は同国にあったのかもしれない。また円忠の近親者には武蔵国慈光寺別当を務めている者が多いが,吉見氏と慈光寺の具体的な関係はよくわかっていない。

(本郷和人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

吉見円忠の関連キーワード光明寺残編

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android