コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉谷覚寿 よしたに かくじゅ

1件 の用語解説(吉谷覚寿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉谷覚寿 よしたに-かくじゅ

1843-1914 明治時代の仏教学者,僧。
天保(てんぽう)14年8月11日生まれ。真宗大谷派の美濃(みの)(岐阜県)浄厳寺の住職。京都の東本願寺高倉学寮でまなび,東京大学講師などをへて,明治44年真宗大谷大(現大谷大)教授。教義の研究者として知られた。大正3年3月16日死去。72歳。美濃出身。著作に「三帖和讃講述」「六要鈔(しょう)講讃」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉谷覚寿の関連キーワード原始仏教根本仏教渡辺海旭梶山雄一金山穆韶高橋壮羽渓了諦平川彰山本快竜吉田修夫

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone