コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉野朝子 よしの あさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉野朝子 よしの-あさこ

1907-1939 昭和時代前期の女優。
明治40年2月22日生まれ。昭和2年マキノプロにはいり,室町三千代の名で片岡千恵蔵の相手役として活躍。吉野朝子と改名,日活太秦(うずまさ)にうつる。時代劇スター女優のひとりで,代表作に「丹下左膳」の櫛巻お藤。昭和14年7月11日死去。33歳。京都出身。京都女学校卒。本名は関戸かなめ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉野朝子の関連キーワード斎藤寅次郎久松静児マキノ雅広吉村公三郎大庭秀雄清水宏森一生[各個指定]工芸技術部門第2次世界大戦恐怖映画

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android