吉雄忠次郎(読み)よしお ちゅうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉雄忠次郎 よしお-ちゅうじろう

1787-1833 江戸時代後期のオランダ通詞。
天明7年生まれ。文政6年馬場佐十郎の跡をつぎ天文方詰めの通詞となる。9年郷里長崎にかえりシーボルトの翻訳を手伝う。11年シーボルト事件に連座して出羽(でわ)米沢藩(山形県)預けとなり,天保(てんぽう)4年2月29日同地で病没。47歳。名は永宣。字(あざな)は永民。号は呉州

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android