コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉雄忠次郎 よしお ちゅうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉雄忠次郎 よしお-ちゅうじろう

1787-1833 江戸時代後期のオランダ通詞。
天明7年生まれ。文政6年馬場佐十郎の跡をつぎ天文方詰めの通詞となる。9年郷里長崎にかえりシーボルトの翻訳を手伝う。11年シーボルト事件に連座して出羽(でわ)米沢藩(山形県)預けとなり,天保(てんぽう)4年2月29日同地で病没。47歳。名は永宣。字(あざな)は永民。号は呉州。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉雄忠次郎の関連キーワード寛政の改革寛政改革フェデラリスツ桂川甫粲緑色岩森羅万象青木永章柳川重信(初代)キーンゲーテ(年譜)

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone