コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同一法 どういつほう

2件 の用語解説(同一法の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

どういつほう【同一法】

〘数〙 定理の証明法の一。 A ならば B という定理が真で、性質 B をもつものがただ一つしかないならば、 B ならば A という逆定理も成り立つというもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どういつほう【同一法】

数学用語。二等辺三角形ABC(AB=AC)において,底辺BCの垂直2等分線を引けば,それは頂点Aを通る。BCの垂直2等分線,AからBCへの垂線はそれぞれ唯一であるから,上の結果は,頂点AからBCへ垂線を下ろせば,それはBCの垂直2等分線になることを示している。このように,命題に関連するものの唯一性を利用して,一種の逆命題を導く証明法を同一法という。【永田 雅宜】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

同一法の関連キーワード二等辺三角形鱗文頂角直角二等辺三角形底角底辺等辺三角形後件肯定の虚偽前件否定の虚偽不等辺三角形

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

同一法の関連情報