同一原理(読み)ドウイツゲンリ

デジタル大辞泉の解説

どういつ‐げんり【同一原理】

principle of identity》論理学で、思考の原理の一。「AはAである」という形式で表される。一定の思考過程に登場する概念は、常に同一の意味で用いられなければならないということ。同一律。自同律。→思考の原理

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

どういつ‐げんり【同一原理】

〘名〙 (Identitätsprinzip の訳語) 論理学で、「AはAである」の形式で表わされる命題。Aが概念の場合、一定の思考過程中に用いられる概念は、同一の意味を保持しなければならないということ。Aが命題の場合、命題が真(または偽)と定まるなら、それはつねに真(または偽)でなければならないということ。自同律。同一法。同一律。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android