コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同居同財 どうきょどうざいtong-ju-tong-cai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同居同財
どうきょどうざい
tong-ju-tong-cai

中国における家族の共有財産のこと。同居親が共通の資本財を有し,各人が全労働力を全員のために提供し,これらの資本財,および労働から生じる収益を共同に消費して,生活する仕組みである。共産者の範囲は一般に同居家族全員であって,妻や女も除外しないが,唐代法のように妾をこれに加えない場合もあった。家族の共産である家産の管理権をもっている (総摂) 者は,家長であって,家族にとって家産は一様に「己の有」でありながら,それを任意に消費処分できず,家長の同意なく,家産の負担となるべき契約を他人と締結することはできなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android