コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名づけ祝い なづけいわい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名づけ祝い
なづけいわい

生児に名前をつける儀礼。その日取りは地方によってまちまちで,7日目のところが多いが,3日,5日,8日,11日,30日目などのところもある。命名は父親がする場合が多いが,名づけ親を頼む場合もある。この祝宴をナビロメ,ナビラキなどといい,産婆を正客とし,親戚,近隣を招いて赤飯,餅などの祝膳を饗し,神棚の下に半紙に子の名前を書いて張り来客に披露する。名づけ祝いには一般に母の里方から餅,赤飯,酒やテツナギという産着を贈る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

名づけ祝いの関連キーワードお七夜生児

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android