名ノリ(読み)なのり

世界大百科事典 第2版の解説

なのり【名ノリ】

能・狂言の用語。名乗り,名宣とも書く。謡事小段の一つ。登場した役が,名を名のり,今後のことを述べるところで,身分紹介,成行き説明,行動予告の3部分から成る。候(そうろう)調の短文が多く,普通はすべてコトバから成る。《恋重荷(こいのおもに)》などのように成行き説明の部分が長いシャベリふうのものや,《土蜘蛛(つちぐも)》《熊野(ゆや)》などのように身分紹介の部分のみフシにするものなどがある。【松本 雍】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android