コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名和顕忠 なわ あきただ

2件 の用語解説(名和顕忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名和顕忠 なわ-あきただ

?-? 室町-戦国時代の武将。
肥後(熊本県)八代郡(やつしろぐん)古麓(ふるふもと)城主。前城主名和義興(よしおき)の甥(おい)。義興の死後,幼少のため球磨(くま)の相良長続(さがら-ながつぐ)のもとに身をよせる。八代を回復するが,のち長続と対立抗争,永正(えいしょう)元年(1504)菊池能運(よしかず)らに敗れて八代の地をうしない,宇土(うと)城にうつる。通称は幸松丸。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

名和顕忠

生年:生没年不詳
室町・戦国時代の武将,肥後国(熊本県)八代郡古麓城主。前当主義興の甥か。幸松丸,弾正少弼,伯耆守。幼少のため家臣の支持を得られず,相良長続を頼って一時球磨へ亡命。長続の援助下に寛正6(1465)年八代を回復,家督を相続した。その代償として八代高田郷を長続に譲渡。後にこれを回復しようとして敗れ,文明16(1484)年古麓城を失う。永正1(1504)年菊池能運らに敗れ,一度は奪還した古麓のみならず八代全域を失うが,能運の死後,混乱に乗じて宇土城を手に入れ以後本拠とした。その後は八代郡豊福城を巡って相良氏と攻防を繰り返すがその執念はすさまじく,彼の遺志は,子武顕に受け継がれた。永正14年ごろのことである。<参考文献>『相良家文書

(柳田快明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名和顕忠の関連キーワード肥後阿蘇惟前阿蘇惟将蒲池鎮並菊池兼朝菊池武経隈部親泰相良武任相良晴広詫磨親家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone