コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名和顕忠 なわ あきただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名和顕忠 なわ-あきただ

?-? 室町-戦国時代の武将。
肥後(熊本県)八代郡(やつしろぐん)古麓(ふるふもと)城主。前城主名和義興(よしおき)の甥(おい)。義興の死後,幼少のため球磨(くま)の相良長続(さがら-ながつぐ)のもとに身をよせる。八代を回復するが,のち長続と対立抗争,永正(えいしょう)元年(1504)菊池能運(よしかず)らに敗れて八代の地をうしない,宇土(うと)城にうつる。通称は幸松丸。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

名和顕忠

生年:生没年不詳
室町・戦国時代の武将,肥後国(熊本県)八代郡古麓城主。前当主義興の甥か。幸松丸,弾正少弼,伯耆守。幼少のため家臣の支持を得られず,相良長続を頼って一時球磨へ亡命。長続の援助下に寛正6(1465)年八代を回復,家督を相続した。その代償として八代高田郷を長続に譲渡。後にこれを回復しようとして敗れ,文明16(1484)年古麓城を失う。永正1(1504)年菊池能運らに敗れ,一度は奪還した古麓のみならず八代全域を失うが,能運の死後,混乱に乗じて宇土城を手に入れ以後本拠とした。その後は八代郡豊福城を巡って相良氏と攻防を繰り返すがその執念はすさまじく,彼の遺志は,子武顕に受け継がれた。永正14年ごろのことである。<参考文献>『相良家文書』

(柳田快明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

名和顕忠の関連キーワード相良為続

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android