コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相良長続(読み)さがら ながつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相良長続 さがら-ながつぐ

1411-1468 室町時代の武将。
応永18年生まれ。文安5年相良家の内紛から相良尭頼(たかより)の遺領をつぎ,肥後(熊本県)人吉城主となる。相良氏を統一,長禄(ちょうろく)2年より薩摩(さつま)(鹿児島県)牛屎(うしくそ)院,牛山を支配,のちこれを島津氏にかえし,4年守護菊池為邦により,肥後芦北郡の領有を安堵(あんど)された。応仁(おうにん)2年2月25日死去。58歳。本姓は永富(永留)。号は宝山道珍。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

相良長続

没年:応仁2(1468)
生年:応永18(1411)
室町時代の武将。肥後国(熊本県)球磨郡山田城主永富実重の子。下(人吉)相良氏の一庶子家で人吉荘内永富名が本貫か。文安4(1447)年幼少の当主尭頼は,上(多良木)相良氏の頼観・頼仙兄弟の攻撃を受け没落。頼観らを駆逐し人吉を回復した長続は,尭頼に復帰を要請するがその急死により,自ら人吉城主となる。久米雀ケ森の合戦で頼観兄弟を全滅させて多良木も掌握,初めて相良氏を統一し,球磨郡全体を支配。寛正4(1463)年に菊池為邦から芦北郡の領有を認められ,応仁1(1467)年の応仁の乱では細川方に属した。相良氏史上のみならず全国でも有数の下剋上の先蹤か。<参考文献>服部英雄「戦国相良氏の誕生」(『日本歴史』388号)

(柳田快明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android