コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相良長続 さがら ながつぐ

2件 の用語解説(相良長続の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相良長続 さがら-ながつぐ

1411-1468 室町時代の武将。
応永18年生まれ。文安5年相良家の内紛から相良尭頼(たかより)の遺領をつぎ,肥後(熊本県)人吉城主となる。相良氏を統一,長禄(ちょうろく)2年より薩摩(さつま)(鹿児島県)牛屎(うしくそ)院,牛山を支配,のちこれを島津氏にかえし,4年守護菊池為邦により,肥後芦北郡の領有を安堵(あんど)された。応仁(おうにん)2年2月25日死去。58歳。本姓は永富(永留)。号は宝山道珍。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

相良長続

没年:応仁2(1468)
生年:応永18(1411)
室町時代の武将。肥後国(熊本県)球磨郡山田城主永富実重の子。下(人吉)相良氏の一庶子家で人吉荘内永富名が本貫か。文安4(1447)年幼少の当主尭頼は,上(多良木)相良氏の頼観・頼仙兄弟の攻撃を受け没落。頼観らを駆逐し人吉を回復した長続は,尭頼に復帰を要請するがその急死により,自ら人吉城主となる。久米雀ケ森の合戦で頼観兄弟を全滅させて多良木も掌握,初めて相良氏を統一し,球磨郡全体を支配。寛正4(1463)年に菊池為邦から芦北郡の領有を認められ,応仁1(1467)年の応仁の乱では細川方に属した。相良氏史上のみならず全国でも有数の下剋上の先蹤か。<参考文献>服部英雄「戦国相良氏の誕生」(『日本歴史』388号)

(柳田快明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相良長続の関連キーワード阿蘇惟村球磨川肥後円応性瑩菊池兼朝菊池為邦隈部親泰詫磨親家詫磨満親丸目蔵人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone