コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名本 みょうもと

世界大百科事典 第2版の解説

みょうもと【名本】

中世の歴史用語。名親(みようおや)ともいう。中世後期,荘園の崩壊にともない,公方(くぼう)年貢といわれる本年貢・公事の負担(本役)を負った荘園年貢負担者をいう。は本来荘園の年貢・公事の徴税単位であり,一定の耕地片の集合体として編成されたが,16世紀ごろ例えば,〈此田地ハ抜地として親ニて候次郎衛門跡より譲候,本役少も有るまじく候〉(弘治元年12月26日,おかのあま等連署売券)などとあるように,在地で名編成下にある耕地片の土地の権利が盛んに売買・譲渡され,一部の地主層への土地集積がみられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

名本の関連キーワード岡本 宮古太夫(2代目)プレリュード 4WS藤舎 芦船(2代目)こんてむつすむんぢ柔らか本かつお土佐国滝山物語本田らいだ~△寛永諸家系図伝鬼王・団三郎坂東 太三郎花ものがたり本田ゆみ子相州小松石本城 問亭本田 退菴本田さつきネベリスク本多 月光黒本・青本吉田半兵衛

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名本の関連情報