コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公方年貢 くぼうねんぐ

世界大百科事典 第2版の解説

くぼうねんぐ【公方年貢】

中世後期の本年貢をさす語。鎌倉時代末期以降,荘園領主,地頭領主をその支配下の住人が公方と称するようになるが,公方年貢の公方はこれらの領主をさす名称である。この語は南北朝時代よりあらわれ,戦国時代には畿内を中心にその周辺部に,主として土地の売券,寄進状など在地の文書に一般的にみられるようになる。この語の登場は公方の名称の変化というより,在地における年貢概念の変化・拡大にその根拠が求められる。中世前期においては年貢は本年貢をさしたが,後期においては名主職所有者が耕作者から収納する加地子得分などを含む収納物の総体を年貢と意識するようになり,そのうちより彼らが公方に上納する本年貢を区別する必要からこの名称が生まれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報