コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名目鈔 みょうもくしょう

1件 の用語解説(名目鈔の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みょうもくしょう【名目鈔】

恒例臨時の公事,殿舎,服飾などに関する用語,名称の故実訓みを後世に伝えるため,室町時代左大臣洞院実熙が撰述した辞書。恒例諸公事篇,臨時篇,衣服篇などの篇目に分類して約600語を収録し,逐一訓み方を片仮名で傍書するとともに,簡単な解説を加えている。篇目のみを書いて語句を載せていないものもあるので,未完に終わったものと推定される。京都御所東山御文庫に実熙の自筆本1冊があり,ほかに尊経閣文庫大東急記念文庫宮内庁書陵部などに室町時代末期の写本が伝わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

名目鈔の関連キーワード公事根源本公事公事所公事家公事結社工務メンズ山公事臨時の除目臨時列車

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone