コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名目鈔 みょうもくしょう

1件 の用語解説(名目鈔の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みょうもくしょう【名目鈔】

恒例臨時の公事,殿舎,服飾などに関する用語,名称の故実訓みを後世に伝えるため,室町時代左大臣洞院実熙が撰述した辞書。恒例諸公事篇,臨時篇,衣服篇などの篇目に分類して約600語を収録し,逐一訓み方を片仮名で傍書するとともに,簡単な解説を加えている。篇目のみを書いて語句を載せていないものもあるので,未完に終わったものと推定される。京都御所東山御文庫に実熙の自筆本1冊があり,ほかに尊経閣文庫大東急記念文庫宮内庁書陵部などに室町時代末期の写本が伝わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone